研究室紹介

ごあいさつ

小林保子こんにちは。
重い障がいがある子どもたちとご家族の笑顔を応援したくて、本サイトを立ち上げました。
現在、大学および大学院で障がい児保育・療育、特別支援教育を専門に教えています。
主な研究のテーマは、重症心身障害児の健康支援、障がいがある子の子育て支援、家族支援、児と家族のQOL支援です。
これから、とりわけ重い障がいがあるお子さんやご家族への支援に役立つ情報や、大学や地域で実践している活動や研究についてアップして参ります。
よろしくお願いいたします。

小林保子略歴

1981年 Stratford Senior High School卒業
1986年 上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業
(外資系金融機関→日系投資顧問会社→子育て→キャリアチェンジ)
1995年 横浜国立大学大学院教育学研究科障害児教育専攻修了
(「重度重複障害児の体温調節」について研究、ムーブメントと出会う)
2000年 東京学芸大学大学院連合学校教育学専攻科健康・スポーツ系教育講座修了
(「重症心身障害児のQOLと健康支援」について研究)
大学院時代から、療育相談や子育て相談、横浜国大、学芸大学、鎌倉女子大、小田原女子短大の非常勤講師を兼務
2006年 東京福祉大学短期大学部 教授(至2014年まで)

社会的活動

NPO法人ほっと・ステーションらら 理事
国際ムーブメント教育・療法学術研究センター研究員
アンジェ発達サポートルーム運営

ゼミ活動の様子

小林ゼミには、障がい児保育に興味がある学生さんが希望してこられます。
ゼミでは、施設訪問をしたり、障がいがある子ども達のための教材開発を行う学習活動等を行っています。
「肢体不自由施設を訪問」
「劇の練習中」
 
「壁画制作 ~秋~」
「壁画制作 ~ハロウィーン~」
 
「壁画制作 ~クリスマス~」
家族QOLアセスメント 医療的ケアってなぁに 障害を持つ子供の親の会 NPO法人ほっと・ステーションらら ひまわり 夢を育てる大学校 Women's labo
  • 研究論文
  • 関連リンク
  • キャンパス便り

ページTOPへ