アーカイブ 「研究活動」

2018年 9月 03日

障害がある子の家族QOLアセスメント

カテゴリー お知らせ,研究活動

障害がある子どもの家族QOLアセスメント
















科学研究費をいただき、5年間の研究期間を経て開発しました。

なぜ開発したかというと・・・

障害がある子どもと家族の暮らしは、ドラマのように山あり谷あり。

日本の福祉は、障がいのある子どもの支援が中心で、親もその子どものために一生懸命です。

ただ、時に、家族生活が障がいがある子を中心になりがちです。

みんな、その子の幸せを願っています。

でも一番大事なのは家族みんなが幸せで大事にされていること。

一人ひとりのQOLも大事ですが、家族全体のQOLを高めることが何より求められます。


近年、障害児支援は、「家族支援」の時代を迎えています。

家族支援を進める上で、その実態把握と、支援内容を見出すための

アセスメントツールがあったら!

その思いで開発しました。

自らチェックしてみたい方、家族を支援している相談支援やケースワーカーなど、
様々な方にご活用いただけるよう、フリーツールとしました。

自由にダウンロードし印刷してお使いください。

印刷用のダウンロードは、こちらから ☟


日本版FQOLアセスメント(ダウンロード版)


エクセルバージョンも作成しました。
項目に数値で回答すると、結果が自動的に算出されるようになっています。

エクセルバージョンは、こちらから ☟

日本版FQOLアセスメント(エクセル版)

是非、ご活用ください。


本アセスメントの開発研究については、下記を参照ください。


*「家族QOLアセスメント(日本版FQOL Scale)の妥当性と信頼性に関する研究」
 小林保子・阿部美穂子・藤井由布子 児童研究 Vol.95 2016



コメント(0)


ページTOPへ